ホーム > アルバム > UP0171-2 ドヴォルザーク:狂詩曲集 Op. 14, 45 (ピルセン・フィル/ブラウナー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
UP0171-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アントニン・ドヴォルザーク Antonín Dvořák
アーティスト
ピルセン・フィルハーモニー管弦楽団 Pilsen Philharmonic Orchestra , トマス・ブラウナー Tomas Brauner

ドヴォルザーク:狂詩曲集 Op. 14, 45 (ピルセン・フィル/ブラウナー)

DVOŘÁK, A.: Rhapsodies, Opp. 14 and 45 (Pilsen Philharmonic, T. Brauner)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/UP0171-2

全トラック選択/解除

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
狂詩曲 イ短調 Op. 14, B. 44
1.

Rhapsody in A Minor, Op. 14, B. 44

録音: 2013, Studio of Czech Radio Pilsen
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3993259
 
**:**
3つのスラヴ狂詩曲 Op. 45

3 Slavonic Rhapsodies, Op. 45, B. 86

録音: 2013, Studio of Czech Radio Pilsen
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3993260
**:**
»  No. 1 in D Major
2.

-

**:**
»  No. 2 in G Minor
3.

-

**:**
»  No. 3 in A-Flat Major
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/03/01
現在、ピルセン・フィルハーモニー管弦楽団とプラハ放送交響楽団の首席客演指揮者を務める指揮者トマシュ・ブラウナーが指揮するドヴォルザークの狂詩曲集。1978年プラハ生まれ、最初はオーボエを学び、指揮者に転向。2008年、プラハ国立歌劇場でヴェルディの《オテロ》を振ってデビュー、2010年にはアテネで開催された「ディミトリ・ミトロプーロス国際指揮者コンクール」に入賞。以降、ロッシーニやヴェルディなどのイタリア・オペラをはじめ、フランス・オペラの分野でも才能を示しました。お国ものとなるこのドヴォルザークでは溌剌とした演奏を聴かせています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。