ホーム > アルバム > V4842 バルトーク:ピアノ協奏曲第3番/弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽(セルメット/東京交響楽団/大友直人)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
V4842
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ベーラ・バルトーク Béla Bartók
アーティスト
大友直人 Naoto Otomo , フセイン・セルメット Huseyin Sermet , 東京交響楽団 Tokyo Symphony Orchestra

バルトーク:ピアノ協奏曲第3番/弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽(セルメット/東京交響楽団/大友直人)

BARTOK, B.: Piano Concerto No. 3 / Music for Strings, Percussion and Celesta (Sermet, Tokyo Symphony, N. Otomo)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/V4842

全トラック選択/解除

ベーラ・バルトーク - Béla Bartók (1881-1945)

**:**
ピアノ協奏曲第3番 BB 127

Piano Concerto No. 3, BB 127

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/348435
**:**
»  I. Allegretto
1.

-

**:**
»  II. Adagio religioso
2.

-

**:**
»  III. Allegro vivace
3.

-

 
**:**
弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 BB 114

Music for Strings, Percussion and Celesta, BB 114

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/348436
**:**
»  I. Andante tranquillo
4.

-

**:**
»  II. Allegro
5.

-

**:**
»  III. Adagio
6.

-

**:**
»  IV. Allegro molto
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: miwaosa 投稿日:2011/05/11
バルトークの作品をカップリングしたアルバムです。有名な『弦チェレ』の他、1945年ニューヨークで亡くなった時に完成間近で残された『ピアノ協奏曲第3番』という組み合わせ。1994年に発表された新校訂版での演奏。新古典派っぽい親しみやすいメロディに溢れた佳作です。1998年の録音当時、東響の正指揮者だった大友と共演しているのはトルコのイスタンブール出身であるセルメット。ちなみに、バルトークの弟子だったゲザ・アンダの名を冠した国際ピアノコンクールで、1985年に1位なしの2位を受賞した彼。ちょっとした縁ですね。
レビュアー: ビー太郎 投稿日:2019/06/15
非ゲルマン系のバルトークの作品を日本人の指揮者、日本のオケそしてトルコ人のピアニストが演奏するCDです。そういうこと関係なしに、非常に分かりやすい演奏です。ピアノは少し引き気味ですが空気感とともにホールの音場をうまく取り込んだ優秀録音で大きな音で鳴らしたいCDですね。早速プレイリストに入れました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。