ホーム > アルバム > V4935 ベルリオーズ:幻想交響曲(パリ管/エッシェンバッハ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
V4935
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
エクトル・ベルリオーズ Hector Berlioz
アーティスト
クリストフ・エッシェンバッハ Christoph Eschenbach , パリ管弦楽団 Orchestre de Paris

ベルリオーズ:幻想交響曲(パリ管/エッシェンバッハ)

BERLIOZ, H.: Symphonie fantastique (Orchestre de Paris, Eschenbach)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/V4935

全トラック選択/解除

エクトル・ベルリオーズ - Hector Berlioz (1803-1869)

**:**
幻想交響曲 Op. 14

Symphonie fantastique, Op. 14

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/348034
**:**
»  I. Reveries: Largo - Passions: Allegro agitato e appassionato assai
1.

-

**:**
»  II. Un Bal (Valse): Allegro non troppo
2.

-

**:**
»  III. Scene aux Champs: Adagio
3.

-

**:**
»  IV. Marche au Supplice: Allegretto non troppo
4.

-

**:**
»  V. Songe d'une Nuit du Sabbat: Larghetto - Allegro
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: tak 投稿日:2013/10/19
エッシェンバッハ&パリ管弦楽団の演奏は名盤の誉れ高いミュンシュ&パリ管弦楽団の演奏の対極にあると思う。燃焼度の高いミュンシュの演奏に比べ、第3楽章の音の美しさ、全体にわたるスコアが見えるようなクリアーな演奏スタイルはエッシェンバッハならではのもの。ピアニスト時代から繊細な、洗練された音楽作りがいまも生きている感じの演奏です。
レビュアー: ビー太郎 投稿日:2014/07/13
生々しい振幅の幅の大きな演奏。ゆったり目のテンポでぐいぐいと地響きを立てるように進行していくのは最近では聞いたことが無い。最終楽章が圧巻。カリヨンの音もテューバの音もおどろおどろしくいい感じ。録音も素晴らしい。これは、幻想交響曲の一押しになりそうだ。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。