ホーム > アルバム > V5061 リスト:十字架の道 /詩的で宗教的な調べ(エンゲラー/アクサンチュス室内合唱団/エキルベイ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
V5061
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 器楽曲
作曲家
フランツ・リスト Franz Liszt
作詞家
パウル・ゲルハルト Paul Gerhardt , ヴェナンティウス・フォルトゥナトゥス Venantius Fortunatus , ヨハン・リスト Johann Rist
アーティスト
アクサンチュス室内合唱団 Accentus Chamber Choir , ローレンス・エキルベイ Laurence Equilbey , ブリジット・エンゲラー Brigitte Engerer

リスト:十字架の道 /詩的で宗教的な調べ(エンゲラー/アクサンチュス室内合唱団/エキルベイ)

LISZT, F.: Via Crucis / Harmonies Poetiques et Religieuses (Engerer, Accentus Chamber Choir, Equilbey)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/V5061

全トラック選択/解除

フランツ・リスト - Franz Liszt (1811-1886)

**:**
詩的で宗教的な調べ S173/R14 (抜粋)

Harmonies Poetiques et Religieuses, S173/R14 (excerpts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/344900
**:**
»  II. Ave Maria
1.

-

**:**
»  IV. Pensee des morts
2.

-

**:**
»  V. Pater noster
3.

-

 
**:**
十字架への道 S53/R534

Via Crucis, S53/R534

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/344901
**:**
»  Einleitung: Vexilla regis prodeunt
4.

-

**:**
»  Station I: Jesus wird zum Tode verdammt
5.

-

**:**
»  Station II: Jesus tragt sein Kreuz
6.

-

**:**
»  Station III: Jesus fallt zum ersten Mal
7.

-

**:**
»  Station IV: Jesus begegnet seiner heiligen Mutter
8.

-

**:**
»  Station V: Simon von Kyrene hilft Jesus das Kreuz tragen
9.

-

**:**
»  Station VI: Sancta Veronica
10.

-

**:**
»  Station VII: Jesus fallt zum zweiten Mal
11.

-

**:**
»  Station VIII: Die Frauen von Jerusalem
12.

-

**:**
»  Station IX: Jesus fallt zum dritten Mal
13.

-

**:**
»  Station X: Jesus wird entkleidet
14.

-

**:**
»  Station XI: Jesus wird ans Kreuz geschlagen
15.

-

**:**
»  Station XII: Jesus stirbt am Kreuze
16.

-

**:**
»  Station XIII: Jesus wird vom Kreuz genommen
17.

-

**:**
»  Station XIV: Jesus wird ins Grab gelegt
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: miwaosa 投稿日:2011/03/05
2011年に生誕200年を迎えたリスト。一般に「バリバリのヴィルトゥオーソ」が彼のイメージなのですが、後年、下級聖職者の資格を得、宗教的な色彩を帯びた楽曲を多く生み出しました。これら精神性の高い作品群の中でも、特に『十字架の道』の内向的なひたむきさに強く惹かれます。トラック10「Sancta Veronica」には、バッハ『マタイ受難曲』のコラールが引用され、「華麗でリッチな成功者」リストとは別の顔を垣間見せてくれます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。