ホーム > アルバム > V5146 ベートーヴェン/ラヴェル/バルトーク/サイ:ヴァイオリン作品集(コパチンスカヤ/サイ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
V5146
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ファジル・サイ Fazıl Say , ベーラ・バルトーク Béla Bartók , ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven , モーリス・ラヴェル Maurice Ravel
編曲者
ゾルターン・セーケイ Zoltán Székely
アーティスト
パトリツィア・コパチンスカヤ Patricia Kopatchinskaja , ファジル・サイ Fazıl Say

ベートーヴェン/ラヴェル/バルトーク/サイ:ヴァイオリン作品集(コパチンスカヤ/サイ)

Violin Recital: Kopatchinskaja, Patricia - BEETHOVEN, L. van / RAVEL, M. / BARTOK, B. / SAY, F.

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/V5146

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ第9番 イ長調 「クロイツェル」 Op. 47

Violin Sonata No. 9 in A Major, Op. 47, "Kreutzer"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/449433
**:**
»  I. Adagio sostenuto - Presto
1.

-

**:**
»  II. Andante con variazioni
2.

-

**:**
»  III. Presto
3.

-

モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ ト長調

Violin Sonata in G Major

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8010676
**:**
»  I. Allegretto
4.

-

**:**
»  II. Blues
5.

-

**:**
»  III. Perpetuum mobile: Allegretto
6.

-

ベーラ・バルトーク - Béla Bartók (1881-1945)

**:**
6 Romanian Folk Dances, BB 68 (arr. violin and piano)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8010677
**:**
»  No. 1. Jocul cu bata (Stick Dance)
7.

-

**:**
»  No. 2. Braul (Sash Dance)
8.

-

**:**
»  No. 3. Pe loc (In One Place)
9.

-

**:**
»  No. 4. Buciumeana (Horn Dance)
10.

-

**:**
»  No. 5. Poarga Romaneasca (Romanian Polka)
11.

-

**:**
»  No. 6. Maruntel (Fast Dance)
12.

-

ファジル・サイ - Fazıl Say (1970-)

**:**
Violin Sonata, Op. 7

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8010678
**:**
»  I. Introduction: Melancholy
13.

-

**:**
»  II. Grotesque
14.

-

**:**
»  III. Perpetuum mobile
15.

-

**:**
»  IV. —
16.

-

**:**
»  V. Epilogue: Melancholy
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: miwaosa 投稿日:2012/11/26
サイとコパチンスカヤっていう、とんでもなく濃いデュオ。それぞれの実演には接していましたが、なるほどこの二人が揃うとこうなるのね。伝統芸術が現代性を保ちえるとすれば、こんなアプローチがとても説得力を持ちます。ピリオド奏法にも、最初の新鮮さを通り過ぎるとちょっとお勉強チックな匂いを感じてしまう私としては、その時々の演奏家が、その時々の時代を反映して赤裸々にプレイするのが生きた音楽だと思えます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。