ホーム > アルバム > WS006 チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」(ウィーン響/ジョルダン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
WS006
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー Pyotr Il'yich Tchaikovsky
アーティスト
ウィーン交響楽団 Vienna Symphony Orchestra , フィリップ・ジョルダン Philippe Jordan

チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」(ウィーン響/ジョルダン)

TCHAIKOVSKY, P.I.: Symphony No. 6, "Pathétique" (Vienna Symphony, Jordan)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/WS006

全トラック選択/解除

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー - Pyotr Il'yich Tchaikovsky (1840-1893)

**:**
交響曲第6番 ロ短調 「悲愴」 Op. 74

Symphony No. 6 in B Minor, Op. 74, "Pathétique"

録音: 14-15, 19-20 December 2013, Live recording, Musikverein, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3733515
**:**
»  I. Adagio - Allegro non troppo
1.

-

**:**
»  II. Allegro con gracia
2.

-

**:**
»  III. Allegro molto vivace
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Adagio lamentoso
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/09/01
先代ファビオ・ルイージの後を引き継ぎ、2014年からウィーン交響楽団の首席指揮者を勤めるスイス出身の指揮者フィリップ・ジョルダン。偉大なる指揮者アルミン・ジョルダンを父に持つ彼は、すでに大いなる期待をかけられていますが、このシーズン初めチャイコフスキー(1840-1893)では、天与の能力を存分に発揮し、入念な細部の処理と、正確さ、そして作品の持つ大きな情感のうねりを余すことなく描き出しています。これからのオーケストラの将来を示唆する新しい関係の始まりです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。