ホーム > アルバム > WWE1CD60010 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集(スタンチュール/クーン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
WWE1CD60010
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
アーティスト
グスタフ・クーン Gustav Kuhn , ジャスミンカ・スタンチュール Jasminka Stancul , ボルツァーノ=トレント・ハイドン管弦楽団 Bolzano-Trento Haydn Orchestra

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集(スタンチュール/クーン)

BEETHOVEN, L.: Piano Concertos Nos. 1 and 5 (Stancul)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/WWE1CD60010

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 Op. 15

Piano Concerto No. 1 in C Major, Op. 15

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/231701
**:**
»  I. Allegro con brio
1.

-

**:**
»  II. Largo
2.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro
3.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 「皇帝」 Op. 73

Piano Concerto No. 5 in E-Flat Major, Op. 73, "Emperor"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7212074
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Adagio un poco mosso
5.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro, ma non troppo
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/10/01
セルビア生まれの女性ピアニスト、ジャスミンカ・スタンチュールをソリストに迎えたベートーヴェンの2曲のピアノ協奏曲。スタンチュールはウィーン国立音楽大学で学んだ後、ジュネーヴでマリア・ティーポに師事。1989年、権威ある「ウィーン国際ベートーヴェン・コンクール」で優勝したことで一躍注目を浴びました。ウィーン古典派作品を得意としており、グスタフ・クーンとはモーツァルトのピアノ協奏曲の録音(COL60014)もあります。彼女の明快なタッチと、クーンが振るボルツァーノ・トレント・ハイドン管弦楽団の素朴な響きが溶け合う模範的なベートーヴェンです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。