ホーム > アルバム > chan9515-16 ディーリアス:レクイエム/人生のミサ(ボーンマス響/ヒコックス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
chan9515-16
CD発売時期
1997年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 合唱曲(宗教曲)
作曲家
フレデリック・ディーリアス Frederick Delius
作詞家
フリードリヒ・ニーチェ Friedrich Nietzsche , Heinrich Simon
アーティスト
レベッカ・エヴァンス Rebecca Evans , ピーター・コールマン=ライト Peter Coleman-Wright , ジーン・リグビー Jean Rigby , リチャード・ヒコックス Richard Hickox , ボーンマス交響楽団 Bournemouth Symphony Orchestra , ボーンマス交響合唱団 Bournemouth Symphony Chorus , ジョアン・ロジャース Joan Rodgers , ナイジェル・ロブソン Nigel Robson , ワインフリート・シンガーズ Waynflete Singers

ディーリアス:レクイエム/人生のミサ(ボーンマス響/ヒコックス)

DELIUS, F.: Mass of Life (A) / Requiem (Rodgers, Rigby, Robson, Coleman-Wright, Bournemouth Symphony Chorus and Orchestra, Hickox)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/chan9515-16

全トラック選択/解除

Disc 1

フレデリック・ディーリアス - Frederick Delius (1862-1934)

**:**
レクイエム

Requiem

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/146351
**:**
»  Our days here are as one day (Chorus, Baritone)
1.

-

**:**
»  Hallelujah (Chorus, Baritone)
2.

-

**:**
»  My beloved whom I cherish was like a flower (Baritone, Chorus)
3.

-

**:**
»  I honour the man who can love life, yet without base fear can die (Soprano, Chorus)
4.

-

**:**
»  The snow lingers yet on the mountains (Baritone, Soprano, Chorus)
5.

-

 
**:**
人生のミサ

A Mass of Life

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/146352
**:**
»  Part I: O Du mien Wille, Du Wende aller Not! (Chorus)
6.

-

**:**
»  Part I: Erhebt eure Herzen, meine Bruder … (Baritone)
7.

-

**:**
»  Part I: In dein Auge schaute ich jungst, O Leben (Chorus, Tenor, Soprano, Mezzo-Soprano, Baritone)
8.

-

**:**
»  Part I: Wehe mir! — (Baritone, Chorus)
9.

-

**:**
»  Part I: Nacht ist es: nun reden lauter alle springenden Brunnen (Chorus, Baritone)
10.

-

Disc 2

フレデリック・ディーリアス - Frederick Delius (1862-1934)

**:**
人生のミサ

A Mass of Life

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/146352
**:**
»  Part II: On the mountains —
1.

-

**:**
»  Part II: Herauf! Nun herauf, du grosser Mittag! (Chorus, Soprano, Mezzo-Soprano, Tenor, Baritone)
2.

-

**:**
»  Part II: Susse Leier! Ich liebe deine Ton … (Baritone)
3.

-

**:**
»  Part II: La, la, la! (Chorus, Baritone, Soprano, Mezzo-Soprano)
4.

-

**:**
»  Part II: Heisser Mittag schlaft auf den Fluren (Chorus, Baritone, Mezzo-Soprano, Soprano, Tenor)
5.

-

**:**
»  Part II: Gottes Weh ist teifer … (Baritone, Chorus)
6.

-

**:**
»  Part II: Kommt. Lasst uns jetzt wandeln! (Chorus, Baritone, Tenor, Mezzo-Soprano, Soprano)
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: miwaosa 投稿日:2011/07/10
ディーリアスの「ポスト宗教」的とでもいうべき合唱曲のカップリングです。指揮はイギリス合唱界の実力者で、60歳での急逝を惜しまれたヒコックス。ディーリアスはヴォーン・ウィリアムズやホルスト同様、イギリスの代表的作曲家の一人とされていますが、両親は共にドイツ人、自身は26歳から亡くなる72歳までフランスに永住しました。第一次世界大戦の惨禍に接して作曲したのが『レクイエム』ですが、無神論者だった彼が選んだテキストはニーチェ。しかも、第2曲では女声が高らかにハレルヤと歌う中、男性は厳かにアッラーと歌います。すごい …。次の『人生のミサ』もタダモノではありません。テキストはやはりニーチェ、「ツァラツゥストラ」です。これだけの宗教的大曲をキリスト教というバックボーンなしに謳い上げる力はどこから生じたのでしょう。ディーリアスは「上品な印象派風の叙景作曲家」ではありません。奥が深いです。彼の死後、遺骨は永住の地フランスを離れ、ロンドン郊外の墓地に埋葬されました。実にミステリアスです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。