ホーム > NML新着情報 > 【レーベルピックアップ】Mariinsky (マリインスキー劇場)

NML新着情報

【レーベルピックアップ】Mariinsky (マリインスキー劇場)(2019年8月2日)

900以上のレーベルを配信しているNML。その中からスタッフ厳選のレーベルをピックアップ!オーケストラ、アーティストの自主レーベルや、ちょっと変わったレパートリーを持つレーベルなど、気になるレーベルをご紹介します。新発見のレーベルが見つかるかも。

Mariinsky (マリインスキー劇場)
世界屈指の歌劇場のひとつ、マリインスキー劇場の自主制作レーベル。芸術監督であるヴァレリー・ゲルギエフ指揮による音源をリリースしている。ショスタコーヴィチの問題作「鼻」やシチェドリンの珍しいオペラなど興味深い録音が目を惹く。
ゲルギエフは毎年7月に札幌で開催される国際教育音楽祭パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)で、2015年から芸術監督を務めている。2019年12月には「チャイコフスキー・フェスティバル2019」でマリインスキー劇場管弦楽団とともに来日する。


● アルバム・ピックアップ
チャイコフスキー:祝典序曲「1812年」/カンタータ「モスクワ」/スラヴ行進曲/戴冠式祝典行進曲/祝典序曲(マリインスキー劇場管/ゲルギエフ)
チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」/交響曲第4番(マリインスキー劇場管/ゲルギエフ)
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」(M.ラヴェルによる管弦楽編)/死の歌と踊り/交響詩「はげ山の一夜」(フルラネット/マリインスキー劇場管/ゲルギエフ)
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番/パガニーニの主題による狂詩曲(マツーエフ/マリインスキー劇場管/ゲルギエフ)
ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」(カンペ/カウフマン/パーペ/ステンメ/マリインスキー劇場管/ゲルギエフ)